匂い臭い.com

臭いの悩みを解決する総合情報サイト

臭いに関する豆知識

臭いと慣れの関係~他人の後にトイレに入ると何故臭いのか?~

2016/06/24

他人が用を足した後のトイレに入ると、耐え難い臭さが鼻をつきます。
しかし、自分が用を足していても耐え難い臭いだと認識する人は少ないのではないでしょうか。

これは別に嗅覚に限ったことではなく、人間は五感への刺激に慣れやすい特性を持っています。
それも、好ましい刺激、好ましくない刺激両方に対してです。

いくら美味しいものでも、それだけを食べ続けていればすぐに飽きてしまいますし、
怪我をした場合も、初めこそ痛くても徐々に痛みは引いていきます。

何故五感は刺激に慣れやすいのかについては諸説あります。

・五感が疲労して慣れてしまうという説

・脳がシャットアウトしているという説

しかし私は、人間の感覚は”変化に対してはとても敏感だけれど、変化以外には鈍感だから”
だと考えています。

聴覚を例に挙げると、
音程の高低の変化は誰でも聞き分けることができますが、ある1音の音程を認識するためには幼少時に特殊な訓練をする必要があります。
音楽を聴く時も、人間は音程やリズムや音量の変化を敏感に感じ取り、その変化を心地よく感じます。

視覚では、
毎日顔を合わせる人が髪型や化粧を少し変えてきて、
”何が変わっているのかわからないけれど、確かに何か変わっている。”
と感じた経験はありませんか?

味覚もそうですね。
高級なものを飲食しても普通のものと何が違うのか分からないけれど、食べ比べてみたら違いを感じた経験があると思います。
味覚のプロであるテイスターも、テイスティングは絶対に一品ではしません。
必ず、何か基準となるものを用意しておくものです。

つまり”慣れやすい”のではなく、”元々認識できていない”のではないでしょうか。

自分がトイレで用を足す時はトイレに徐々に臭いが充満していくため、大きな変化が起こらず、自分ではあまり臭いが分かりません。
しかしトイレの外、臭いがない空間から臭いが充満し切っているトイレに入る時は、とても大きな変化があります。
その変化に対して人間の嗅覚が敏感に反応するために、他人が用を足したあとのトイレは臭く感じるのではないでしょうか。

理由はどうあれ、この「匂いに慣れやすい」という特性は、プラスに作用することも多い反面、とても厄介なものでもあります。

人間にとって一番身近で慣れやすい匂いは、自分が発している臭いでしょう。
知らないうちに悪臭を振りまいていることのないよう、自分の臭いは定期的にチェックするようにするといいですよ。

-臭いに関する豆知識